BLOG

22/22ページ

SCABAL 2019AW COLLECTION LOOK

【SCABAL 2019AW COLLECTION LOOK】 SCABAL(スキャバル)より2019秋冬コレクションのルックが到着しましたのでご紹介させて頂きます。 上質な細番手ウールならではの滑らかで洗練された仕上げと光沢で柔らかな手触り、着心地が魅力です。                     […]

本切羽(本開き)

“本切羽、本開き(surgeon’s cuffs / real button holes)” は袖に釦ホールと対になった釦があり釦で袖を留めたり外したりできる仕様を言います。   本切羽は縫製などにコストがかかる為、既製品では開き見せ(飾り)としての仕様が多いので見た目で分かるオーダーメイドらしいディテールとして人気が高いです。   ワンポイ […]

手穴

  “手穴 (手縫い / ハンドメイド)” 職人が手作業で仕上げる衿穴手縫い 盛り上がった立体的な佇まいは高級感がございます。 機械化、簡略化が進む時代ですがこのような職人の手作業の温かみを感じられるのも 国内最高峰の技術を持っているからこそなし得る仕様です。 ※衿穴(手縫い)はオプションとなります。

イセ込み

  “イセ込み” 胴体のアームホールより袖(肩位置)が大きな生地を縫い合わせることです。 袖を通した際、体に沿わすことができますので、 ゆとりを持たせても見た目はスッキリとゆう実用性の高い理想的なスーツに仕上がります。 ハンドメイドならではの丁寧な職人技が光る良いスーツのポイントです。

ヒゲ襟

  “ヒゲ襟” 上襟の折り返しをヒゲ襟といいます。 縫い付けがあることにより上襟のハネを防ぎシルエットが美しくなります。 サイズ調整ができるともいわれ非常に手間のかかるヒゲ処理仕上げ。 普段折り返していて見えない部分ですが細部まで一手間を惜しまない点は良いスーツの証です。

手縫い

  “手縫い” 当店のスーツの表地と裏地の縫いつけは [手まつり] にて仕上げております。 ミシンで縫い上げた方が時短で作業効率はUPしますが 一定の力で縫い上げるミシンですと稼働するヶ所の消耗が早く裏地が裂ける。なんてことも。。。 ※部分によってはミシンの方が良いヶ所もございます。   手でゆるく仕上げる事で裂けを防止するとともに着る人の癖に合った伸び […]

毛芯

  “毛芯 (本バス芯)” 仕立てが良い。という定義は多々ありますが今回は「毛芯」について。 毛芯とはスーツを支える骨組みのようなもので 台芯、肩芯、胸増芯、フェルトの四層構造となります。 こちらの工程を用いる事で立体的なシルエットを構築し、型崩れしにくく長持ちします。 毛芯にも種類がございますが当店では中でも最高級”本バス芯”を使用してお […]

1 22